ブログ

【新着】最新の白内障手術検査機器「アルゴス・べリオン」中野区・練馬区初導入!

当院では、練馬区・中野区で初となる、白内障手術の術前検査で重要な眼軸長測定の機器である「アルゴス(ARGOS)」と、白内障術中ガイドシステム「ベリオン(VERION)」を導入いたしました。
高精度セグメント式白内障手術検査装置・術中支援システムの導入となり、白内障手術において眼内レンズ度数をより正確に選択すること可能になり、乱視矯正による術後乱視の低減など、術後の視機能のさらなる改善が期待されます。

 

アルゴスとベリオンは、それぞれ別々の機器で違う仕事をしますが、2つの機器はデジタルシステムで繋がり、そのデータが白内障手術時の患者様の目の上にデジタル表示されるという仕組みです。

アルゴス(ARGOS)とは?

白内障手術の手術前検査の際に、眼軸長を測る眼軸長測定装置になります。
患者様の眼を手術前検査で徹底的に計測認証し、その結果をデジタルガイダンスシステムで白内障手術時に使用するベリオンを通じて患者様の目に投影します。
この機器の導入により、白内障手術時の眼内に挿入する眼内レンズの度数決定に最も大きな影響を与える眼軸長の測定の精度が飛躍的に向上しました。高精度で測定できるために眼内レンズ度数をより正確に選択することができ、測定の誤差による度数ずれのリスクを抑える効果が期待できます。



ベリオン(VERION)とは?

白内障手術時により高い精度を実現させる白内障手術ガイドシステムです。
患者様の眼を手術前検査で徹底的に計測認証し、その結果をデジタルガイダンスシステムで白内障手術時に使用するベリオンを通じて患者様の目に投影します。
特に乱視矯正レンズを用いた症例で効果を発揮します。血管認証システムのベリオンを用いて、手術当日に乱視の軸を測定します。アルゴスを用いた手術前検査の検査結果がベリオンのガイドシステムと繋がり、手術時に顕微鏡下で切開角を表示することで正確に切開ができ、乱視を表示するモードを使用してレンズの軸ズレや回旋を防ぎ正確な位置に合わせることができます。手術計画した角膜の切開位置・眼内レンズの軸や固定位置、乱視矯正眼内レンズの軸を目の上にデジタル表示し、レベルの高い精度での手術が可能となります。
(参照:画像③で目の上に緑色のガイダンスが確認できます)


 

一番のメリットは、白内障手術で乱視矯正レンズを使用した場合です。当院では白内障手術時には、乱視がある方には、できるだけ乱視矯正レンズを使用するように努めています。
乱視がある方に通常の眼内レンズを使用した場合、手術後に角膜乱視が残り眼鏡が必要になる頻度が多くなったり、眼鏡をかけても乱視を矯正しきれない方は思ったように見えないと感じることが多いためです。
また、最近では当院で白内障手術を受ける患者さんの半数くらいの方が多焦点眼内レンズを希望されます。特に多焦点眼内レンズの場合は、単焦点眼内レンズに比べて、手術後に乱視が残ることで裸眼での視力が向上しない原因に繋がってしまいます。なので、白内障手術の眼内レンズ装用時に乱視矯正することが欠かせません。
保険診療で使用できる多焦点眼内レンズ「レンティス® コンフォート トーリック」も取り扱っているため、白内障手術と同時に乱視矯正を行うことは非常に重要だと考えています。

 

アルゴスは、術後の屈折精度を向上させるために初の区分屈折率を用いたセグメント方式で眼軸長を計測し、より正確な眼内レンズ度数決定が可能になります。もしこの眼内レンズの度数計算が狂うと、例えば眼前50cmの距離を裸眼で見えるように計算しても30cmの距離にピントが合ったり、遠くにピントがあったりして50cmの距離が見えなくなります。アルゴスはその度数のずれを極力少なくしてくれます

画像➀(屈折率を各部位に分けて解析することで正確な眼軸長を計測します。)

そして、アルゴスで測定した情報を元に手術計画を立て、そのデータをデジタルガイダンスを使って手術をすることができます。


画像②
べリオンは手術前検査で術前の乱視軸、乱視度数を結膜を基準にして測定することが出来ます。

 

 

 

 

画像③

そのデータが手術室の顕微鏡とリンクして画像③~⑤のように手術時に顕微鏡を覗くと、角膜の切開するべき位置や、乱視の矯正位置を手術顕微鏡に投影されるようになります

 

 

画像④

 

 

 

 

画像⑤

 

 

 

 

このように手術中に患者様の目の上に乱視軸(緑色の点線がリアルタイムで表示されるので、乱視矯正眼内レンズを挿入した時に術前の計画とずれることが無くなります。

 


最近では、多焦点眼内レンズの普及によって、眼鏡をかける回数を減らしたいと希望される方が増えてきました。乱視がある方にとっては、白内障手術と同時に乱視矯正をすることで、さらに生活のクオリティが上がります。
白内障手術や乱視矯正について気になることがございましたら、どうぞお気軽にご相談ください。

 

 当院では≪白内障手術≫≪多焦点眼内レンズ≫について定期的にセミナーを開催しております。詳しくはホームページに掲載しておりますのでご覧ください。★

 

目の病気セミナー開催のお知らせ

 

白内障手術

TOPへ